読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Roman Concrete

どこにでもいないようなJKの戯言

勘違いに決め付けを重ねると

勘違い。

 

決して良いモノではありません。

 

では勘違いされてみましょう。

 

そして、相手の事をろくに理解しないまま、

「決め付けて」みましょう。

 

勘違いされた側からしてみれば、

「事実とは違う事で変に思われている」

 

決め付けられた側からしてみれば、

「そっちこそ本当の事を知らない癖に

変に思われている」

 

2人の間にこの様な齟齬が生まれたが最後、

元に戻るのはたやすい事ではありません。

 

喋るよりも先に、その発言が、

その文字が、本当に事実に即したモノか。

 

本当に事実をありのままに晒している文なのか。

 

考えてみましょう。